人気が高いメスを使わない眉下切開~NONOメス治療~

女性

理想の形の目元にする手術

医者

眉毛に沿って、余分な皮膚を切除するという眉下切開によって、目はぱっちりと開くようになります。また、皮膚と一緒に皮下脂肪を除去することで、さらにスッキリとした目元にすることもできます。さらには、皮膚の切除の仕方によって、好みのデザインにすることも可能です。傷跡は眉毛によって隠されるので目立ちません。

詳しくはコチラ

まぶたのたるみ

美容整形

眼をパッチリ見せるための手術に、眉下切開、たるみ埋没法、上眼瞼形成術があります。眉下切開は他の2つに比べて、自然な仕上がりを実現することができます。まぶたのたるみの原因として考えられるものには、加齢と無表情があります。

詳しくはコチラ

目のたるみが気になるなら

美容整形

年齢に限らず、たるんでしまった目元をくっきりとさせたい方は多いでしょう。眉下切開と耳にしたことはあっても、内容が分からなくて心配。どんな方法でたるみをとるのか、メリット・デメリットはどんなことかご説明します。

詳しくはコチラ

どんなものなのか

腕のあるクリニックで眉下切開を行いましょう。傷跡を残さない実力派の名医をこちらからチェックすることができますよ!

今後どう変わっていくのか

顔

眉下切開は傷跡が目立ちにくいため、非常に人気の高いものとなっています。しかし切開することに、躊躇してしまう人も少なくありません。そこで今後は、メスを使用しない方法が確立されてくるのではないでしょうか。例えばリフトアップのように、特殊な糸で引き上げるような方法です。既にこれはフェイスリフトでは使用されている方法ですので、まぶたに応用することは難しくはないような気がします。こうした特殊な糸で引き上げるのならば、更に傷跡が目立ちません。ですので手術後も、傷跡を気にせずに眉毛のラインを変えることも可能となります。また、まぶたの状態や眉毛の形などから、眉下切開が困難な場合でもたるみを解消することができるでしょう。

どんな特徴があるのか

眉下切開の最大の特徴といえば、なんといっても傷跡が目立ちにくいということでしょう。眉毛の下のラインに沿って切開をするため、傷跡が眉毛に隠れるような形となるのです。ですので、周囲から眉下切開を受けたことに気づかれにくいといったメリットがあります。また、切開して引き上げるので、たるんだまぶたで埋もれてしまっていた二重のラインを、ハッキリとさせる効果もあります。それによって、パッチリとした自然な目元を手に入れることが可能なのです。一重や奥二重のままの目を希望する場合でも、眉下切開ではたるみのみを解消することができます。このように希望に合わせて、たるみの改善を行うことのできる手術方法となっているのです。